読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソモサン

私rohkiによる活動や読書の記録をつらつらと書くページです

YAPC::ASIA に初参加してきた!

 東京で9月27日から29日まで開催されていた YAPC::ASIA 2012 に行ってきました.今回が初参加になります.
 社会のせいでいけるかどうか怪しかったのですが,何とか解決.がしかし,その時既にチケット完売….なんとか後輩(@__papix__)の余っていたチケットをぶんどって譲って貰い参加できました.感謝感謝!

以下感想.

ボッチ(?)でも良い!

 コミュ障こじらせてる私でも人に話しかけられる雰囲気がありました.
 件の後輩以外面識のある方がほぼ皆無という状況で参加しましたが,気さくな方が多く話しやすかったです.話すきっかけは結構あったりします.特に28日は料理まで出ていて,これおいしいやそれ何処にあるのといったかんじでした.まぁ,私に関してはお酒の力もあったかなぁ.でも,話が面白いからお酒が進むって言う面もあったかと.べろんべろんに酔っ払って,CとCOBOLの話をするという訳の分からないことをやらかしたり….

 ボッチ撲滅として企画されたランチ交流にも参加しました.くじを引いて当たった四人一組で昼食を取ろうという企画です.
 くじを引いて番号が999番で「おぉ」何て思ってたらいの一番に当りました.あれには何かしらの操作があったとしか(ry.見知らぬ人,さらに言うなら年齢や住んでいる場所なども違う人が集まってあれこれ話すというなかなか貴重な体験が出来ました.
 結果,最終日後の後夜祭ではいろんな人と話せましたし,なぜか東大OB(YAPC参加者にあらず)の方とも握手までしてました.ナゼナンダロー

Perl じゃなくても良い!?

 もう一つ強く感じたことが,皆さんが Perl に固執してないことです.
 これについてはがっつり感じました.何せ Python Tシャツを着ている方を何名も見かけましたから.いやぁ,えぇー良いのかよと思ってしまいましたよ.Perl しか使わないなんて猛者がいっぱいいると戦戦恐恐としてた私に謝って欲しい.Hachioji.pm の方々がやられていた LTThon というイベントでの発表はもっとすごかった! なにせ Perl の話のほうが珍しいんじゃないかと思うほど Python やら Ruby やら PHP,その他諸々しっちゃかめっちゃかでしたから.じゃメイントークはがっつり Perl なんだろか,と思いきやいくつか違う言語について触れているお話も有りました.何て言うんでしょ,「今から○○の話をします.Perl の話? ちょっとしますw」→ オイオイww までがお約束(!) って感じでした.ここで起きる笑いというのは,好意的なものでした.

 こういう空気の根底にあるモノは,Perlのモットーである "TMTOWTDI" ではないかなぁとにわかの私は思ってます.
 や,他言語のカンファレンス聞きにいったことがないのでかなーり適当な発言にはなるのですが…,良い物はすげーといって賞賛するし,悪いモノは違うだろと言っていく.こういう姿勢なのかなーと思ってます.
 つまり何が言いたいかというと,みなさん Perl が好きでどっぷり Perl 文化に染まってるんだってことです.

 ちなみに,当然 Perl についてのお話もありますよ.今年は PerlLarry Wall 氏まで来日されてましたから!

肌で感じる熱意

 総じて分かったことが,登壇者はもちろん参加されていた方々は,強い熱意を持っているだと言うことです.
 どんな目的についても本気でやっていることが,目の前で見ているからこそ感じられました.昨年度の発表については映像が上がっていますので見させて貰っていました.しかし,こういう空気や熱意というものは映像だけでは伝わりづらいものです.そういう意味ではあの YAPC::ASIA の会場で渦巻いていた熱意はかなり強いモノでした.何せ前日から肉離れになってしまった人が治っちゃったなんて言えるぐらいなんですから!w

 自他共に認める不燃焼体質の私にこうして筆をとらせ,また何かをさせようとする凄まじいエネルギーが,YAPC には有りました.参加を迷われて今年は見送った方やこういうイベントに参加したことがない方,来年に参加してみてはどうでしょうか? 特に学生向けチケットは来年も無料だと思うので,学生の方はせっかくの機会にいかがでしょ?


以上を持って感想とさせて貰います.ではでは